蘇澳觀光旅遊網

ロケーション

ロケーション

蘇澳鎮は宜蘭県の東南に位置します。西北側は冬山鄉、五結鄉に接し、西南部は南澳鄉とつながり、三方を山に囲まれ、東は太平洋に臨みます。蘇花公路と台湾鉄路北迴線の起点であり、国道五号蒋渭水高速公路の終点に当たります。

蘇澳はかつて『港口』、『東港』、『施八坑』と呼ばれていました。清代の嘉慶年間、中国泉州から蘇士尾が鄉勇(村の義勇兵)44人を率いこの地を開墾したと伝えられています。後の人が蘇士尾の功績を記念するため、その姓の『蘇』の字と港湾という意味の「澳」の字を組み合わせ、この地は【蘇澳】と名付けられました。

良港

良港

蘇澳港は現在台湾では唯一の軍港、商港、漁港の三つの機能を兼ね備えた港湾です。

北方澳の中正軍港は北台湾の重要な軍事拠点。軍港内には世界でただ一つの海軍媽祖が祀られています。

南方澳は台湾三大漁港の一つです。土砂の堆積により島ととつながって形成された「陸繫島」で、土地が狭く人口密度が高く、しかも封鎖された特殊な地理的環境のため、一つの生活圈を形成しています。2平方kmの範囲には台湾の伝統的な漁村があり、漁業発展の縮図を見ることができます。

姉妹都市

姉妹都市

蘇澳鎮と石垣市との姉妹都市関係は2015年20周年を迎えました。
石垣市は沖縄県八重山群島の南方にあり、面積222.6平方kmで、沖縄で三つ目に大きな島です。島の人口は約47,000人。八重山群島の政治、経済、教育、交通の中心であり、八重山唯一の、また日本最南端の市でもあります。
石垣市は沖縄県に属しますが、県庁所在地である那霸市からは410km離れています。一方、台湾からはとても近く、蘇澳鎮からの距離はわずかに250kmです。

Top
服務信箱
驗證碼
為提供更好的瀏覽體驗,本網站不支援舊版瀏覽器,
請使用Chrome、Firefox、或 IE11等瀏覽器進行瀏覽。